このブログは千葉ロッテマリーンズ鈴木大地選手を応援していたブログ。以前の名は西岡主義


by isunnyopu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

契約更改と選手会長

<清水選手会長 世代交代へ選手会役員育成>
ロッテのチームリーダー清水が選手会役員も育成する。2年の任期が満了した選手会長は、球団からの要望もあり来季の“続投”が決定。チームでは異例の3年目に突入する。来オフ以降のメジャー挑戦をにらみ、スムーズなバトンタッチをするため新設した会長補佐に小林宏を抜てき。「選手会に関しては世代交代を進めていかなければならない」と清水。球団との契約交渉は難航中だが、グラウンド内外で来季もチームを引っ張っていく。


<世の中厳しいけど…ロッテ若手4選手は“暖冬”です>
ロッテの神戸ら若手4選手が千葉市内の球団事務所で契約更改に臨み、それぞれ年俸アップでサインした。今季プロ1号を放つなど1軍定着の足掛かりをつかんだ“幕張のゴジラ”こと神戸は60万円増の年俸1120万円。オフは日本ハム・稲葉と合同トレを予定しており「来年は常時1軍が目標」と意気込んだ。また、今季プロ初安打を放った細谷は90万円増の年俸600万円、プロ初勝利を挙げた松本は170万円増の同950万円、デビュー10試合連続安打を記録した金沢は250万円増の同740万円。


<三浦大輔 横浜残留が決定 阪神に電話で断る>
横浜からフリーエージェント(FA)宣言した三浦大輔投手(34)の残留が29日、決まった。交渉を行っていた阪神に同日、三浦が断りの電話を入れた。三浦は30日、横浜市内の球団事務所で記者会見を開き、残留を正式に表明する。

 三浦は17日にFA権の行使を宣言。移籍、残留の双方を視野に入れながら、獲得に名乗りを挙げた阪神と、残留を求める横浜との間で交渉を行ってきた。三浦は「(移籍か残留かは)五分五分」との姿勢を貫いてきたが、最終的には、残留を強く訴えるファンや球団の声に応え、17年間プレーした横浜への残留を決断した模様だ。横浜とは、3年で9~10億円の契約になると見られる。


ハマの番長が残留しました。
やはり三浦投手には横浜が合っています。


ロッテでは、若手4選手がプラスで更改しました。
若手の力が来季も必要です!

[PR]
by isunnyopu | 2008-11-29 22:03 | 千葉ロッテマリーンズ日記