このブログは千葉ロッテマリーンズ鈴木大地選手を応援していたブログ。以前の名は西岡主義


by isunnyopu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

今江選手、ゴールデン・グラブ賞受賞


今江選手が三塁手部門で三井ゴールデン・グラブ賞を受賞しましたのでお知らせします。
今江選手は4年連続4回目の受賞となります。
【今江選手コメント】
「とても意識している賞で、この賞を獲ることを目標にしてきたので、とても興奮しています。僕一人の力で獲れたわけではなく、監督、コーチ、そして支えてくれた多くの人たちのお陰だと思っています。この賞を今後も継続して毎年、受賞できるようにすることを大きな目標に掲げ、頑張りたいと思います。」


福浦FAせず残留…ロッテ
ロッテ福浦がFA権を行使せずに残留する可能性が高まった。白紙を強調してきたが、「FAは今まで長くやってきて取れたものだからじっくり考えたいけど、マネーゲームをするつもりはない」と残留に傾いている胸中を明かした。11月1日に球団と交渉後、態度を明らかにする。


ロッテ福浦、FA権行使も
FA権を取得しているロッテ福浦和也内野手(32)が28日、権利行使の可能性を示唆した。「ロッテに愛着はあるけど、今までの積み重ねで取得した権利ですから、じっくり考えたい」と話した。30日ドラフト会議後の11月1日か2日に球団側と初交渉を行う。「マネーゲームをするつもりはないけど、どう評価されているのか聞きたい。納得してプレーするのがベストだと思う」と、じっくり話し合って最終結論を出すことになりそうだ。


ロッテ大松も原JAPANに名乗り
ロッテの大松も原JAPAN入りに名乗りを上げた。原監督は東海大の先輩でもあり、代表初選出の期待も出てくる。「1次候補でもいいから入れたらうれしい。そういうチャンスがあれば…」と目を輝かせた。今季はともにチーム最多となる24本塁打、91打点と素質が開花。無類の勝負強さを大先輩にアピールしていく。


モテモテのロッテ橋本、悩める32歳のFA岐路
モテすぎるのも悩ましいモノだ。今オフFA市場の目玉の一人、ロッテの司令塔・橋本将捕手(32)が権利行使に悩んでいる。

 「野球人として他球団の評価を聞いてみたい。でも宣言しても残留もあります…」

 巨人・上原、中日・川上と注目の選手がそろうFA戦線だが、今オフの特徴は司令塔市場。横浜・相川、ロッテ・橋本と、ともに経験、実績は十分。その中でも年俸3500万円(推定)の橋本は移籍補償金が発生しないため、阪神、ソフトバンク、ヤクルトなどが熱視線を送っている。

 そんな中、ロッテは28日に千葉市内のホテルで橋本と3度目の交渉を行った。しかし、橋本は「話に進展はありません。代理人を使わせてもらうようになったので顔合わせです。こちらの希望を伝えて(交渉は)代理人に任せようと思う」と代理人交渉を進めることを明かし、宣言移籍の可能性を含めロングラン交渉となりそうな様相だ。

 その一方で「セ・リーグは眼中にないって言っているらしいんだよなあ…。どうも、リードの方で自信がないみたい。DHのあるパ、ソフトバンクが意中かも」(某セ球団関係者)。悩みの理由は司令塔としての評価のようだ。

 確かにロッテでは、WBC、北京五輪にも出場したもう一人の司令塔・里崎の方が評価は先行気味。それだけに橋本本人も「捕手としての評価を聞いてみたい。今年はミスもしているしね」とこぼしているほど。

 だが、ある球界OBは「里崎の方がリード面での評価は高いけど、橋本には無難さがある。里崎の要求は結構レベルが高くて、コースに投げられる球種と技術がある投手じゃないと厳しいモノがある。若い投手が多いところではむしろ、橋本の方が向いているよ」とエールを送る。

 「年齢的にも最後。30歳くらいなら宣言して、もう一度もあるけど、たぶん最後だろうしね…」。32歳の秋は、どうにも悩ましい人生の岐路である。


4年連続のGG・グラブ賞受賞です!!!
ゴリさんおめでとう!
シーズン当初は送球で福浦さんの怪我を誘ってしまいましたが、最後戦列を離れたときは攻撃もそうでしたが、守備での痛さも出てました。
きっちり怪我を治して、来年こそフル出場を!!!


そして我らが大スター・福浦大先生の残留がほぼ決定的だそうで。
生涯マリーンズ。千葉の大スターで
と思ったら、FA行使も。とかやっぱニュースは当てにならん。
早くマリーンズ公式サイトで残留宣言を!

<おまけ>

 27日に都内ホテルで開かれ、巨人・原監督に監督を要請することを満場一致で決めた第2回WBC体制検討会議。発言が注目された星野氏は会議後、報道陣の質問を完全無視するように無言で会場をあとにした。この問題については、完全に沈黙を守ると思いきや、同日深夜に更新した自身の公式HP「星野仙一のオンラインレポート」に無念の思いを書きつづった。
(中略)
星野氏は参加メンバーの面前で、隣に並んで座った野村監督に“口撃”したというのだ。星野氏のブログによると、内容はこんな具合だ。

 ▼野村監督「なんでお前、やらないんだ。辞めたとか、固辞したとか」

 ▼星野氏「なにをいっとんの、この会議にも出ていながら“出来レースだ”なんていう人がいたら、みんなに、特に王さんに、どんな誤解や迷惑をかけることになるか」

 ▼野村監督「そんなつもりじゃなかったんだけど…、ワルカッタヨー」


ノムサン「ワルカッタヨー
なんだこのかわいい謝り方は。まったく想像できん

[PR]
by isunnyopu | 2008-10-29 22:17 | 千葉ロッテマリーンズ日記