このブログは千葉ロッテマリーンズ鈴木大地選手を応援していたブログ。以前の名は西岡主義


by isunnyopu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

サトさんWBC辞退へ

ロッテ里崎WBC辞退へ、右ひじ治療集中
ロッテの里崎智也捕手(32)が来年3月のWBCを辞退する意向であることが26日、明らかになった。長引いている右ひじ痛の治療に加え、チームのV奪回に力を集中させたいためとみられる。すでにバレンタイン監督に辞退の意向を伝えている。監督問題で揺れるWBC日本代表だが、選手選考でも「要不在」という不安材料が襲いかかった。

 里崎は06年のWBC第1回大会では優勝の原動力となり、イチロー、松坂と並び日本人3人しか選出されなかったベストナインを獲得した。今夏の北京五輪にも出場し日本代表捕手として実績を築いてきた。だが、今季は右ひじ痛の影響もあり92試合の出場にとどまり打率2割6分1厘、打点45。チームも4位に終わった。

 球団関係者によると、辞退の理由について「まずはひじの治療に取り組み、来季はチームの要として優勝に貢献したい気持ちが強いようだ」と話した。WBCで使用する縫い目の高いメジャー球は、ひじへの負担が大きい。周囲からはけがの状態を悪化させないためにも辞退すべきとの声も聞かれていた。

 里崎はかねて、WBCについて「世界一という最高の名誉を懸けた舞台」と意欲を見せていた。しかし今季は開幕2戦目で右ひじ痛を訴え、先発マスクから外れた。5月に復帰した後は攻守にチームを引っ張ったが、北京五輪で1カ月間チームを離脱。9月には背筋痛で再び試合出場が減り、キャプテンを任されながらチームに貢献できなかったとの思いが強い。

 18日から始まった秋季練習中にバレンタイン監督と話し合った際、WBCにも触れ辞退する意向を伝えた。

FA取得小野、清水が悩める心境語る
今年FA資格を取得し、球団と第1回交渉を終えたロッテ清水直行投手(32)と小野晋吾投手(33)が26日、あらためて悩める心境を語った。若干のダウン提示を受けた小野は「今年の結果では金額は下がって当然だと思っている。15年間お世話になっているロッテに残りたい気持ちはある。次回交渉では起用法を含めて自分をどのように見ているのかしっかり聞きたい」と話した。

 2年契約で総額5億円(推定)の提示に折り合わなかったとみられる清水は「お金だけじゃなく、環境や将来のこととか、僕なりにこだわりがある。いろいろなパターンがあるからじっくり考えたい」と話すにとどまった。近日中にも第2回交渉が行われる。



第1回WBCではスタメンキャッチャーを務め、ベストナインにもなったキャプテン・里崎智也。
まだひじに違和感があるのか。辞退しました。

怪我ということで仕方ないことですが、残念ですね。
変わりにタスク様召集?!


06年には清水直、小林宏、渡辺俊、藤田、薮田、里崎、西岡、今江、パスクチの9人が出場しました。
09年は誰が出るのか・・・。
本命:西岡
出るかも:渡辺俊、成瀬、大松
もしかしたら・・・:清水直、川崎雄、橋本
大穴:塀内
監督:中居君
がいいな。

[PR]
by isunnyopu | 2008-10-27 22:40 | 千葉ロッテマリーンズ日記