このブログは千葉ロッテマリーンズ鈴木大地選手を応援していたブログ。以前の名は西岡主義


by isunnyopu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

紅白戦とヘキサゴンに西岡剛

<ボビー 侍ジャパンを強力援護約束>
WBC日本代表の伊東ヘッドコーチ、与田投手コーチが、ロッテの石垣島キャンプを視察。バレンタイン監督は伊東コーチに「必要なら米国の情報を教えます」とバックアップを約束した。また、ロッテから唯一代表候補入りしている渡辺俊の状態をチェックした与田コーチは「貴重な下手投げだし各国の打者は戸惑うと思う。大きな期待をしています」と話した。


<ロッテルーキーが泡盛づくり体験>
ロッテの沖縄・石垣島キャンプに参加している木村、上野、坪井、香月のルーキー4人衆が9日、酒造りに挑戦した。キャンプ休養日のこの日、石垣島泡盛「請福酒造」を訪れ、実際に?(こうじ)をもむ工程を体験。汗だくになりながら作業に取り組んだ坪井は「こういう大変な思いをしなければ、おいしいお酒は作れないと実感した」としみじみと語ったが、アルコールが苦手な木村は「しんどいですね」と苦笑いだった。


<全試合出場へ猛デモ!里崎8の7、2発>
ロッテ・里崎が全試合出場へ猛アピールした。沖縄・石垣島キャンプ第3クール初日の10日、ケース打撃でエース清水を相手に6打席連続安打を含む8打数7安打。そのうちサク越え2本と快音を連発した。

 「そりゃあ、直球ばかりだから打てますよ。調子はまあまあいい感じ。でもまだまだ。試合で打たんと意味ないから」

 4打席目は外角直球に逆らわず右方向へのアーチ、6打席目は左中間ネットを直撃する豪快な一発。それでも、練習では打って当然と言わんばかりの表情に順調な調整ぶりがうかがえた。

 昨季は開幕直後に右ひじ痛を発症。その後もケガが重なり不本意な成績に終わった。前回ベストナインに輝いたWBCは治療優先のため早々に辞退して、シーズンに照準を合わせた。球団ではロッテ初年度の69年・醍醐猛夫以来40年ぶりとなる捕手での全試合出場が目標。主力に定期的に休養日を与えるボビー政権下では至難の記録だが「疲れを見せなければいい。めったにない記録と聞くと、が然やる気が出てくる」と前を向いた。

 オフはケガの再発防止へ徹底的に筋力トレーニング。キャンプインと同時に筋トレはやめ「運動能力に関連づけられるように筋肉に覚えさせる練習をする」と実戦的な練習を繰り返す。7日にはレギュラー定着後初の1人での特守も敢行。この日も午後6時すぎまで約500球の居残り特打と意欲的な調整を続ける。

 今キャンプでは新人を積極的に食事に誘ってコミュニケーションを深め、20万円以上の自腹を切って報道陣との懇親会も開催。周囲への気配りを忘れない扇の要は、自身の体にも細心の注意を払って最後までホームを守り抜く。




本日は紅白戦が予定されております。
西岡選手はハッピ着用の組で、井口、今江、福浦ら選手と同じ組です。


また19時からフジテレビ系列で
「クイズ ヘキサゴン2!」の出演があります。


西岡「ああやってテレビに出れるのも野球をやってるからこそ。ただ僕は芸能人じゃない。一番に野球があるからこそ、ああいう仕事も出来る。それは自分自身でわかってる。それはファンの人には分かって欲しい

本業は野球選手だけど、それも理解して出ている西岡選手。
マリーンズ代表として頑張ってる姿とバカ回答をぜひ!

[PR]
by isunnyopu | 2009-02-11 11:10 | キャンプ