このブログは千葉ロッテマリーンズ鈴木大地選手を応援していたブログ。以前の名は西岡主義


by isunnyopu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

宏之が、サブローが、井口塾

小林宏 メジャー目指し“井口塾”入門へ
米ロサンゼルスの自主トレから17日に帰国したロッテの小林宏が、今年初めて千葉マリンで練習。将来のメジャー挑戦を見据える右腕は「井口さんに米国の野球のことをいろいろ聞きたい。投手がどんな球を投げているのか参考になる」と“井口塾”入門を熱望した。昨季は開幕戦で右ふくらはぎけいれん降板の影響が尾を引いて大不振。今年は走り込み中心に下半身の再強化に取り組んでおり、2年ぶりの2ケタ勝利を最低目標に掲げた。

メジャーかよ・・・。宏之。

<まだまだあきらめない=堀、22年目へ「プロ魂」燃やす-プロ野球・ロッテ>
千葉マリンスタジアムで黙々と自主トレーニングに励んでいるのが、4月に40歳となる22年目、ロッテの堀幸一内野手。かつてはオールスターに2度出場したロッテの顔も、今やチームの最年長野手に。「若いころよりもアップとかストレッチが長くなった」と話すように、ランニング、アップ、キャッチボールと基本メニューを丹念にこなす。その姿には、現役へのこだわりが見える。
 昨季は大きなけがも体調不良もなかった。だが、出場はわずか41試合、打率2割4厘はともに自己最低の成績。守備でも、簡単にさばいていた打球を苦にすることも。
 1995年は、打率3割9厘でオリックスのイチロー(現マリナーズ)に次ぐ2位につけた。優勝した2005年には、二塁手としてベストナインに選ばれた。それも遠い過去のようだ。米大リーグで活躍した井口の加入も決まり、堀の立場は昨季以上に苦しい。
 ロッテ生え抜きとしては、榎本喜八、有藤道世に続いて3人目の通算2000試合出場を達成した。積み上げた安打数は1798安打。2000本安打は無理だと笑った堀は、「必要とされる中で1年でも長くやりたい。40歳は言い訳にしたくないし、競争して勝ち残るのがプロ」。堀にあきらめの文字は、まだない。


コーイチィィィィィイイ!!!!!!!!!!頑張れ

最近ロッテニュースないな・・・。キャンプインしたら増えるのかな??!

[PR]
by isunnyopu | 2009-01-24 23:58 | 千葉ロッテマリーンズ日記