このブログは千葉ロッテマリーンズ鈴木大地選手を応援していたブログ。以前の名は西岡主義


by isunnyopu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

補強とは補うことであって、無我夢中に取る事ではない

ロッテ誠意の初交渉 井口に“監督手形”
ロッテの瀬戸山隆三球団社長(55)が7日、フィリーズからFAとなった井口資仁内野手(34)と自主トレ先の沖縄・名護市内のホテルで初交渉を行った。1時間半の交渉で瀬戸山社長は最長3年までの複数年契約を提示。年俸は1億8000万円。昨季の385万ドル(約3億6200万円)からは半減となるが「チームリーダーとしてやってもらい、将来監督も含めて指導者としてずっと一緒にやってもらいたい」と“監督手形”まで振り出し、誠意を示した。

 同席した石川副代表も井口とはダイエー時代から旧知の間柄。球団挙げて迎え入れる態勢は整っており、同社長は井口と同じ青学大出身の重光オーナー代行をはじめ、サブロー、西岡、小林宏ら主力選手の入団を熱望するメッセージも伝えた。交渉後には夕食も共にした。井口も「長期的に考えてもらっているし、非常にいい条件でありがたい。誠意を感じた」と感謝し、優勝した場合の特別ボーナスも瀬戸山社長から確約を取り付けた。

 今後は日米の複数球団からのオファーが出そろう今月中旬をメドに移籍先を決める。井口の希望は「自分が一番必要とされる球団」。好条件も含めて最大の誠意を示したロッテが最有力であることは間違いない。

 <自主トレ公開>井口はロッテとの交渉前に自主トレを公開。ノック、ティー打撃などで汗を流した。テーマはスピード及びパワーアップ。8日からはマシン打撃も開始する予定で「(入団する球団から)いつ呼ばれてもいいように早めに体をつくっておきたい」。昨年はパドレスで右肩を痛めて故障者リスト入り。その影響から戦力外通告されて9月にフィリーズに移籍しただけに「今年は絶対ケガをしたくない」と語気を強めた。



やっちゃった。フロント。
この前もそうだけど、入団もしてない無関係者になぜに監督候補を与えるのか。

今回は人間性としては高そうだけど、でもな・・・。
不可解でしょうがない。

セカンドだって、戦力がないわけではないだろう。
特に、ネモをはじめ、やっと若手でなんとかなりそうなのに、なぜ成長を止める上に(35)を取るのか。
本当に必要な戦力なのか。

セカンドは別にいらないだろう。戦力は。

ボビーに対抗心が強く、暴走してるだけではないのか。
井口んを取ったとしても長くても5年。ネモだったら10年以上レギュラーでいける。
確かにまだ若いし、先が不透明だと思うけど、率は残せそうだし得点圏で打てれば問題ない。

なぜに若手の成長を止めるんだ。生え抜きの頑張りを苦にするんだ。
これじゃやってること他球団と変わんないよ。

[PR]
by isunnyopu | 2009-01-08 14:35 | 千葉ロッテマリーンズ日記