このブログは千葉ロッテマリーンズ鈴木大地選手を応援していたブログ。以前の名は西岡主義


by isunnyopu

2010年監督にジョニーが!

ボビー後任に“ジョニー”黒木氏が急浮上!
球団フロントとの対立の末に今季限りでの退団が決まったロッテのボビー・バレンタイン監督(58)の後任に、OBの黒木知宏氏(35、野球解説者)が急浮上した。チームの大改革を掲げる球団では、2010年以降の監督人事に関しても若返りを図る方針で、ファンに根強い人気を誇る黒木氏の招へいを水面下で模索。今オフにも、69年に球団名がロッテに改称されて以降、史上最年少監督が誕生する可能性が出てきた。

 球団創設40周年を迎えチーム改革を推し進めるロッテの次期監督候補にジョニーが浮上した。球団関係者は「黒木なら世代交代にふさわしい。知名度は抜群だし、今もファンから強く愛されている。候補の1人になる」と明かした。

 4年契約最終年を迎えたバレンタイン監督はフロントとの対立もあって今季限りでの退団が決定。球団は既に監督人事に着手している。瀬戸山球団社長は、バレンタイン監督に10年以降の契約は結ばない旨を通達した昨年12月21日、新監督について「候補には若い人材をリストアップする」と明言。チーム全体の活性化に向け、大幅な若返りを図る方針を示した。そこでクローズアップされたのが黒木氏の存在だ。

 「ジョニー」、「魂のエース」の愛称で多くのファンから愛された黒木氏は07年限りで現役引退。ユニホームを脱いだ後も昨年3月15日に千葉マリンで行われた引退セレモニーにはオープン戦では異例の超満員2万8926人が集まるなど根強い人気を誇る。現在35歳。09年オフに新監督に就任すれば、球団名がロッテに改称されてから史上最年少の青年指揮官となる。年齢や指導者としての経験がない点を不安視する声もあるが、右肩痛などで2軍暮らしが続いた現役生活終盤は若手の相談役となり、チームの精神的支柱として人望は厚い。

 同氏は解説者として活動した昨年、春季キャンプから大リーグや国内各球団を視察。北京五輪も現地まで足を運ぶなど精力的に動き回って視野を広げ、指導者への足場を固めてきた。その一方で野球振興のため各地を訪問。さまざまな形で野球の魅力を伝えるなどファンの視点も大切にしている。「ボビー以上にファンを喜ばせることができる監督は、そうはいない」という周囲の声も、同氏なら封印できる。話題性、抜群の人気も加味すれば、新生ロッテをアピールするにはうってつけの存在と言える。

 球団側は引退の際、同氏にフロント入りを打診。同氏が幅広く活動していくことを希望したために話は立ち消えたものの、引退セレモニーではファンに向かって「いつの日か、皆さんとどこかで会えることを信じています」とあいさつ。指導者としてグラウンドに戻ってくる思いは常に抱いているとみられる。

 監督人事は今後、OB、ファンの声も参考に球団内で意見調整を図っていくが、黒木氏が最有力候補であることは間違いない。

牛島氏、初芝氏、小宮山も後任監督候補
黒木氏以外のロッテ次期監督候補となると、まず牛島和彦氏(47)=スポニチ本紙評論家=が有力だ。中日からロッテに移籍した80年代後半に守護神として活躍し93年に引退。05年に横浜監督に就任し3位で4年ぶりにAクラスに導いた。06年は故障者や外国人補強の失敗が響いて最下位となり引責辞任したが、卓越した投球理論で投手力を充実させた手腕は高く評価された。

 他候補としては“ミスターロッテ”こと初芝清氏(41)も挙げられる。ロッテ一筋17年で、日本一に輝いた05年に引退。明るいキャラクターでいまだにファンの人気は根強く、現在は評論家活動の傍ら、千葉県君津市に本拠地を置く社会人チーム「市民球団かずさマジック」でコーチを務めている。また現役ながら小宮山悟(43)もその1人だ。04年に復帰したバレンタイン監督に呼ばれてロッテに復帰した経緯があり、“ボビー野球”の継承者にふさわしい存在。一方で、59歳ながら通算215勝の村田兆治氏を推す声もある。



ジョニーか牛島氏か

はたまたゴッド・初芝氏か小宮山教授か

まずは09年シーズンを戦いましょうや

[PR]
by isunnyopu | 2009-01-05 12:14 | 千葉ロッテマリーンズ日記