このブログは千葉ロッテマリーンズ鈴木大地選手を応援していたブログ。以前の名は西岡主義


by isunnyopu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2008年ドラフト会議

◇指名リスト

(1)木村 雄太 23 投 左左 東京ガス
長身から投げる多彩でキレのある変化球が武器。即戦力左腕。
(2)長野 久義 23 外 右右 Honda
長打力がありながら、3拍子そろった好選手。
(3)上野 大樹 22 投 右右 東洋大
先発、リリーフも出来、潜在能力が高い投手。MAX147キロの速球に加え、制球力も抜群。
(4)坪井 俊樹 22 投 左左 筑波大
まだ、成長過程の大型左腕。落差のあるチェンジアップで打たせて取るピッチングが持ち味。
(5)山本 徹矢 18 投 右右 神戸国際大付高
低目に集め、大崩れしない投手。スライダーのキレが良く、高校生ながら、完成度が高い投手。
(6)香月 良仁 24 投 右右 熊本ゴールデンラークス
魔球に近いストレートが魅力。野球に対する意識も高く、プロ向きの性格。


育成
木本 幸広
技術、戦術、体力強化等に高い関心を示す。将来性を感じる投手。
鈴江 彬
スピードにキレがあり、140キロ中盤のストレートとチェンジアップで抑える。
角 晃多
バットコントロールが良いバッター。体は小さいがガッツあふれるプレーをする。
生山 裕人
広角に強い打撃を放つ巧みな打撃。50メートル5秒8。
西野 勇士
伸びのあるストレートを投げる将来性の投手。
岡田 幸文
特徴は足。そして、その脚力を生かした守備力。この2点では一軍で十分に通用する力を持っている
吉田 真史
恵まれた体に、シュアな打撃。足もあり、将来性十分。
田中 崇博
角度のあるボールを投げる事が最大の長所。将来性十分の投手。


投手おおっ!
1順目はロッテ熱望木村投手でした。
2順目は某球団熱望の長野外野手ですが、半々で指名あいさつはきちんと受けるらしいです。

育成選手も8人獲得。
去年の選手含め頑張って夢を掴んでほしいです!!!

[PR]
by isunnyopu | 2008-10-30 23:03 | 千葉ロッテマリーンズ日記

今江選手が三塁手部門で三井ゴールデン・グラブ賞を受賞しましたのでお知らせします。
今江選手は4年連続4回目の受賞となります。
【今江選手コメント】
「とても意識している賞で、この賞を獲ることを目標にしてきたので、とても興奮しています。僕一人の力で獲れたわけではなく、監督、コーチ、そして支えてくれた多くの人たちのお陰だと思っています。この賞を今後も継続して毎年、受賞できるようにすることを大きな目標に掲げ、頑張りたいと思います。」


福浦FAせず残留…ロッテ
ロッテ福浦がFA権を行使せずに残留する可能性が高まった。白紙を強調してきたが、「FAは今まで長くやってきて取れたものだからじっくり考えたいけど、マネーゲームをするつもりはない」と残留に傾いている胸中を明かした。11月1日に球団と交渉後、態度を明らかにする。


ロッテ福浦、FA権行使も
FA権を取得しているロッテ福浦和也内野手(32)が28日、権利行使の可能性を示唆した。「ロッテに愛着はあるけど、今までの積み重ねで取得した権利ですから、じっくり考えたい」と話した。30日ドラフト会議後の11月1日か2日に球団側と初交渉を行う。「マネーゲームをするつもりはないけど、どう評価されているのか聞きたい。納得してプレーするのがベストだと思う」と、じっくり話し合って最終結論を出すことになりそうだ。


ロッテ大松も原JAPANに名乗り
ロッテの大松も原JAPAN入りに名乗りを上げた。原監督は東海大の先輩でもあり、代表初選出の期待も出てくる。「1次候補でもいいから入れたらうれしい。そういうチャンスがあれば…」と目を輝かせた。今季はともにチーム最多となる24本塁打、91打点と素質が開花。無類の勝負強さを大先輩にアピールしていく。


モテモテのロッテ橋本、悩める32歳のFA岐路
モテすぎるのも悩ましいモノだ。今オフFA市場の目玉の一人、ロッテの司令塔・橋本将捕手(32)が権利行使に悩んでいる。

 「野球人として他球団の評価を聞いてみたい。でも宣言しても残留もあります…」

 巨人・上原、中日・川上と注目の選手がそろうFA戦線だが、今オフの特徴は司令塔市場。横浜・相川、ロッテ・橋本と、ともに経験、実績は十分。その中でも年俸3500万円(推定)の橋本は移籍補償金が発生しないため、阪神、ソフトバンク、ヤクルトなどが熱視線を送っている。

 そんな中、ロッテは28日に千葉市内のホテルで橋本と3度目の交渉を行った。しかし、橋本は「話に進展はありません。代理人を使わせてもらうようになったので顔合わせです。こちらの希望を伝えて(交渉は)代理人に任せようと思う」と代理人交渉を進めることを明かし、宣言移籍の可能性を含めロングラン交渉となりそうな様相だ。

 その一方で「セ・リーグは眼中にないって言っているらしいんだよなあ…。どうも、リードの方で自信がないみたい。DHのあるパ、ソフトバンクが意中かも」(某セ球団関係者)。悩みの理由は司令塔としての評価のようだ。

 確かにロッテでは、WBC、北京五輪にも出場したもう一人の司令塔・里崎の方が評価は先行気味。それだけに橋本本人も「捕手としての評価を聞いてみたい。今年はミスもしているしね」とこぼしているほど。

 だが、ある球界OBは「里崎の方がリード面での評価は高いけど、橋本には無難さがある。里崎の要求は結構レベルが高くて、コースに投げられる球種と技術がある投手じゃないと厳しいモノがある。若い投手が多いところではむしろ、橋本の方が向いているよ」とエールを送る。

 「年齢的にも最後。30歳くらいなら宣言して、もう一度もあるけど、たぶん最後だろうしね…」。32歳の秋は、どうにも悩ましい人生の岐路である。


4年連続のGG・グラブ賞受賞です!!!
ゴリさんおめでとう!
シーズン当初は送球で福浦さんの怪我を誘ってしまいましたが、最後戦列を離れたときは攻撃もそうでしたが、守備での痛さも出てました。
きっちり怪我を治して、来年こそフル出場を!!!


そして我らが大スター・福浦大先生の残留がほぼ決定的だそうで。
生涯マリーンズ。千葉の大スターで
と思ったら、FA行使も。とかやっぱニュースは当てにならん。
早くマリーンズ公式サイトで残留宣言を!

<おまけ>

 27日に都内ホテルで開かれ、巨人・原監督に監督を要請することを満場一致で決めた第2回WBC体制検討会議。発言が注目された星野氏は会議後、報道陣の質問を完全無視するように無言で会場をあとにした。この問題については、完全に沈黙を守ると思いきや、同日深夜に更新した自身の公式HP「星野仙一のオンラインレポート」に無念の思いを書きつづった。
(中略)
星野氏は参加メンバーの面前で、隣に並んで座った野村監督に“口撃”したというのだ。星野氏のブログによると、内容はこんな具合だ。

 ▼野村監督「なんでお前、やらないんだ。辞めたとか、固辞したとか」

 ▼星野氏「なにをいっとんの、この会議にも出ていながら“出来レースだ”なんていう人がいたら、みんなに、特に王さんに、どんな誤解や迷惑をかけることになるか」

 ▼野村監督「そんなつもりじゃなかったんだけど…、ワルカッタヨー」


ノムサン「ワルカッタヨー
なんだこのかわいい謝り方は。まったく想像できん

[PR]
by isunnyopu | 2008-10-29 22:17 | 千葉ロッテマリーンズ日記

今日のニュ~ス

橋本 単年での残留も選択肢に
FA権を取得したロッテの橋本が、28日に球団と3度目の交渉を行う。千葉・稲毛の室内練習場で練習後、バレンタイン監督から「当然残ってもらえると思っている」と慰留された強打の捕手には阪神、ソフトバンクなど複数の球団が注目。「他球団の評価を聞いてみたい」と話す一方で「1年1年勝負したい」と単年での残留も選択肢としている。すでに球団から条件提示は受けており「次で方向性が見えるかもしれない」と語った。

タスク様残留か?!

[PR]
by isunnyopu | 2008-10-28 10:44 | 千葉ロッテマリーンズ日記

サトさんWBC辞退へ

ロッテ里崎WBC辞退へ、右ひじ治療集中
ロッテの里崎智也捕手(32)が来年3月のWBCを辞退する意向であることが26日、明らかになった。長引いている右ひじ痛の治療に加え、チームのV奪回に力を集中させたいためとみられる。すでにバレンタイン監督に辞退の意向を伝えている。監督問題で揺れるWBC日本代表だが、選手選考でも「要不在」という不安材料が襲いかかった。

 里崎は06年のWBC第1回大会では優勝の原動力となり、イチロー、松坂と並び日本人3人しか選出されなかったベストナインを獲得した。今夏の北京五輪にも出場し日本代表捕手として実績を築いてきた。だが、今季は右ひじ痛の影響もあり92試合の出場にとどまり打率2割6分1厘、打点45。チームも4位に終わった。

 球団関係者によると、辞退の理由について「まずはひじの治療に取り組み、来季はチームの要として優勝に貢献したい気持ちが強いようだ」と話した。WBCで使用する縫い目の高いメジャー球は、ひじへの負担が大きい。周囲からはけがの状態を悪化させないためにも辞退すべきとの声も聞かれていた。

 里崎はかねて、WBCについて「世界一という最高の名誉を懸けた舞台」と意欲を見せていた。しかし今季は開幕2戦目で右ひじ痛を訴え、先発マスクから外れた。5月に復帰した後は攻守にチームを引っ張ったが、北京五輪で1カ月間チームを離脱。9月には背筋痛で再び試合出場が減り、キャプテンを任されながらチームに貢献できなかったとの思いが強い。

 18日から始まった秋季練習中にバレンタイン監督と話し合った際、WBCにも触れ辞退する意向を伝えた。

FA取得小野、清水が悩める心境語る
今年FA資格を取得し、球団と第1回交渉を終えたロッテ清水直行投手(32)と小野晋吾投手(33)が26日、あらためて悩める心境を語った。若干のダウン提示を受けた小野は「今年の結果では金額は下がって当然だと思っている。15年間お世話になっているロッテに残りたい気持ちはある。次回交渉では起用法を含めて自分をどのように見ているのかしっかり聞きたい」と話した。

 2年契約で総額5億円(推定)の提示に折り合わなかったとみられる清水は「お金だけじゃなく、環境や将来のこととか、僕なりにこだわりがある。いろいろなパターンがあるからじっくり考えたい」と話すにとどまった。近日中にも第2回交渉が行われる。



第1回WBCではスタメンキャッチャーを務め、ベストナインにもなったキャプテン・里崎智也。
まだひじに違和感があるのか。辞退しました。

怪我ということで仕方ないことですが、残念ですね。
変わりにタスク様召集?!


06年には清水直、小林宏、渡辺俊、藤田、薮田、里崎、西岡、今江、パスクチの9人が出場しました。
09年は誰が出るのか・・・。
本命:西岡
出るかも:渡辺俊、成瀬、大松
もしかしたら・・・:清水直、川崎雄、橋本
大穴:塀内
監督:中居君
がいいな。

[PR]
by isunnyopu | 2008-10-27 22:40 | 千葉ロッテマリーンズ日記

大嶺・唐川のお願い話

清水と小野に若手「残って」…ロッテ
ロッテは26日、フリーエージェント(FA)権を持つ清水、小野に若手から残留を希望する声が続出した。2年目の大嶺が「ずっと一緒にやっていきたい」と言い、ルーキー・唐川も「いなくなるとさみしい」と両先輩右腕にラブコール。23日の球団との交渉が不調に終わった2投手だが、時間がたち「不信感はない。ゆっくり話し合いたい」と清水は軟化。小野も「残りたい気持ちはある」とコメント。後輩たちの思いは通じるだろうか。


もうFA系の話はいい事以外気にしないことにしました。(紹介はするけど)
自身の口、ブログだけを信じていこうと。

今日はいいことのニュースでいいよね。
大嶺君は去年「清水投手を抜く」とコメントを残しているし、唐川君も晋吾投手に大嶺君とともにご飯に連れて行ってもらったりしてる。
この言葉に嘘はないと思うし、2人にはまだまだ先輩が必要だと思う。
来年のローテとか、誰がいなくなるとかは気にしないとしても将来のエースたちにならなくてはいけない2人。
その2人をまだまだ兄貴たちの力で支えてほしい。

[PR]
by isunnyopu | 2008-10-27 10:30 | 千葉ロッテマリーンズ日記

球団・・・

<これ何だ?小野 単年ダウン提示にキレた!>
ロッテが2年連続で主力投手流出の危機に陥った。23日に千葉市内のホテルでFA交渉を行った小野晋吾投手(33)が24日、球団の対応に不信感をあらわにした。今季国内FA権を取得した右腕は故障もあって5勝止まり。3度の2ケタ勝利を挙げるなど通算66勝をマークした実績から複数年契約を希望していたが、球団の提示は単年契約で今季年俸1億円からのダウン。これには「誠意が感じられなかった。これは何だ?という感じ。複数年の提示がないにしても、何かしらの提案があれば…残留が基本だったが、ぐらついている」と権利を行使したうえでの移籍も示唆した。

 前日は今季チームトップタイの13勝を挙げた清水がFA交渉で、今季年俸1億6000万円から、大幅アップとなる2億3000万円前後の評価にも、単年契約の提示だったことから「残ってほしいという誠意が感じられず、とてもつらかった」と球団への不信感を口にした。瀬戸山球団社長は「清水は(来年の)メジャー(移籍)のことも考慮したのだけれど…」と相次ぐ“決裂”に困惑した表情を隠せない。

 チームは2人以外にサブロー、橋本らFA選手をかかえている。とはいえ、球団経営は慢性的な赤字状態でFA選手に多額の年俸を支払うことができない事情もある。昨オフはFAで小林雅、薮田がメジャーへ流出。今季は2年ぶりの4位に低迷した。2年連続で“FAショック”に沈むわけにはいかず、球団の対応が注目される。


ツヨに異例の3年契約が去年出ましたが、その影響もあるのか単年2人が怒ってます。
直さんはやはり金額でなく複数年。メジャーではなくロッテだった。

晋吾投手もFAどうなるかといったとこだったが、残留希望だっただけに・・・。
勝負の世界だし、そこらへんはよくわからないし、ロッテが赤字を続けてるのはわかる。

ただし、納得できないのがファン心理なのかな?

追伸・・・)
金額面では、今年の成績で下がるのは当たり前だしなんの不満も無い。逆に球団には気を使って貰っているくらいだし…
ロッテが好きだし、最高のファンの声援の中で野球を続けたい気持ちは強いです。
まだまだこれから、しっかり話し合っていければと思っています
By小野晋吾ブログ


FA権をはじめて取得した更改だけに2人とも思うことがあったのかなと思います。
直さんにしろ、晋吾さんにしろ基本は残留線らしいので、残ってほしいなと。

前に大塚明さんブログで
「ロッテがすきなのか、ロッテの選手がすきなのか」みたいなことを書かれていました。

自分自身の答えは簡単です。
小坂誠選手を好きになってロッテを見始めた、ロッテが好きになった。
小坂選手はロッテを去った。でもロッテを応援し続けている。

直さんにしろ、ツヨにしろロッテの○○だから応援してるのかもしれない。
もしFAで移籍した場合、個人的には応援するだろうけど、国内なら敵でしかない。

ロッテあっての選手だと思う。ロッテという球団が好きになった。
だから皆ロッテでいてほしい。わがままだろうけど。

[PR]
by isunnyopu | 2008-10-25 10:47 | 千葉ロッテマリーンズ日記
1年間声援いただいたファンの皆様へ感謝の意を込めて今年もファン感謝祭を開催。
今回は「マリーンズカーニバル~感謝と09年への決意~」と題し、お祭り気分と来季に向けての戦い気分を盛り上げて頂く内容になっています。
午前から昼の部では、選手プロデュースのイベントが多数実施される他、恒例のサイン会は1日何枚のサインを行えるかプロ野球史上最多枚数を目指します。夕刻の部では、2009年の戦いに向けてマリーンズナインとファンの皆さんと共に決意の祭典を実施!!
夢を繋ぐ花火を打ち上げて来季への思いを一つにしたいと思います。

日時 11月22日(土)
場所 千葉マリンスタジアム
入場料 無料
時間 午前10時30分開場
午前11時30分開幕セレモニー

なお★さんのブログで22日というのはわかっていたので(コメントで21日って書いちゃってたけど・・・)バイト休みにしているのでいけます!
実はいままで行ったことがないんです。来年から行くのは厳しくなるかもしれないので、今年行きたいと思います!

[PR]
by isunnyopu | 2008-10-24 22:27 | 千葉ロッテマリーンズ日記

楽しみ一転・・・

清水はロッテに不信感 残留要請初交渉は不調
ロッテは23日、国内フリーエージェント(FA)の資格条件を満たしている清水直行投手と初交渉し、残留を要請した。条件提示をしたが交渉は不調に終わり、清水は球団を通じ「誠意が感じられず、とてもつらかった。引き留め交渉を行っていただいている感じがしませんでした」と不信感をあらわにした。
 本多幸喜球団部部長は「(来オフ海外FAの可能性がある清水は)メジャーも視野にある。彼の望むものを踏まえ提案した」と話した。今後は、条件面の見直しを検討し、慰留に努める方針を示した。

球団なにやってんだよ。
一昨年のサブちゃんのときも不調スタートだったし、キャプテンの金額を他の選手にばらすとか、こっちが不信感覚えるわ。


せっかく「満足いく交渉でした」って直さんのブログコメント→そして残留の流れに絶対なると思ってたので、かなりショックです。すごい前の記事でやったーってなってたのに・・・。
なんとか直さんのブログの「気持ちを切り替えて次交渉する」っていう文章があってよかった。


前のほうの記事で2年5億円が飛び出た。
メジャーを望んでる直さんなので、1年2億5000円くらい出せば、残留の可能性が高いと思う。

ということは、それ以下。2億いってない可能性もある。
コーチなどすべてボビーのいいなりになっているし、きちんと検討してほしい。

今季一番の評価を受けてもおかしくない直さんが難航すると、タスク様はじめ他の選手にも影響が出てしまう可能性が高いですし・・・。

直さん自身のブログを通じても、前までの移籍濃厚文章から一転、残留したそうな文章が出ていると感じたので、次の交渉が上手くいくことだけを祈っている。

[PR]
by isunnyopu | 2008-10-23 22:45

交渉楽しみ!

FA取得の清水 ロッテとの「交渉楽しみ」
国内FA権を取得したロッテ・清水が23日、球団と初交渉を行う。FA宣言した場合、複数球団の争奪戦となるのが確実な右腕は「交渉は楽しみ。他球団の意見は新聞紙上で見ている。選択肢は多いけど、今はフラットな状態」と白紙を強調。一方で「考慮することはいっぱいあるけど、あまり長引かせてもいけない。ある程度のところで決断しないと」と早期決着も示唆した。最重要視するのは家族、生活を含めた環境面。清水はこれまで来オフのメジャー挑戦も視野に残留の可能性を示している。2年の任期が切れる選手会長の続投も“要請”している球団側の条件次第では早々にも残留を表明する可能性も出てきた。


ロッテが今シーズン一番評価するべき選手なのは確実なので、残留の可能性が高いのではないでしょうか。
交渉楽しみ!な直さんのためにも不手際がなく円滑にいってくれればと思います!!!

[PR]
by isunnyopu | 2008-10-23 11:17

来季コーチ確定?!

ロッテは2年ぶりBクラスの4位も1軍コーチ陣の全員留任が決定した。18日に重光オーナー代行、瀬戸山球団社長と会談したバレンタイン監督は「1軍コーチはいい仕事をしてくれた。来年も同じ顔ぶれになる。オーナー代行、社長とも合意している」。瀬戸山社長も「(1軍コーチ留任は)監督の意向はもちろんある。4位の悔しさをバネに一丸となって頑張ってほしい」とした。CS出場を逃しながら、配置転換や新コーチ招へいもなし。4年契約が切れる来季は指揮官にとってまさに背水のシーズンとなる。

マジで???
テコ入れ必要なはずが・・・。

どうしょう…橋本「ロッテが好きだし…」
今季取得した国内FA権の行使の可能性を示唆していたロッテの橋本が残留に気持ちが傾いていることを明かした。既に球団とは2度交渉しており「評価はしてもらっている」。バレンタイン監督からは「監督としては残ってほしい。ただ一野球人として見れば宣言する条件が整っている」と言われたそうで「ロッテが好きだし、試合に出られるなら移籍の必要はない。迷っている」とした。


ロッテが好きだ。
タスク様の思いがつづられた記事が登場。
残留に気持ちが動いてるものの、やはりキーパーソンのボビーのコメントが気になること。

昨日の晋吾投手についてもそうだけど、移籍したいならしてもいい。みたいなものが見える。
コーチ全残留といい、来季の優勝の鍵はやはりボビーだと感じる。

とにかく全員残留が希望である。

[PR]
by isunnyopu | 2008-10-21 08:30 | 千葉ロッテマリーンズ日記