このブログは千葉ロッテマリーンズ鈴木大地選手を応援していたブログ。以前の名は西岡主義


by isunnyopu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

直さん。オッティー。サヨナラ勝ち!!!


先発唐川君が4回途中で降板。以下、小宮山、高木、伊藤、松本、シコースキーとつないだ。

7回裏に1点追加し2点差となりッピッチャー川崎。安心して目を離しました。
TVに戻ってきたら8回表2死3塁。スコアが7-7になっていました。

ここで心配はひとつ。裏に点が入らなかった場合のMAX残り4イニング。
残るピッチャーはマウンド上の川崎と荻野の2人。そして先発の成瀬、清水直の2人。計4人。

8回裏にも点が入らず同点で迎えた9回。
「ワァ~」と湧き上がるグラウンドの声が響く。
川崎続投だと思った俺の読みを遥かに越え、リリーフカーに乗っていたのは、荻野でもなく清水直行だった。

直さんは2人をカンタンに抑え、2死1・2塁のピンチも討ち取った。
8回裏相手の好プレーが連発し、流れがいったかと思われたがエースが引き寄せる。

9回裏。
1死2・3塁とサヨナラ勝ちのチャンスで
大塚明
約2年ぶりのサヨナラタイムリー!!!

1x

ベンチリポートによると「成瀬がグラブを持っていきました。」とのコメント。
まさに総力戦を制した3連戦3タテ。

消耗ははげしいが、勢いにのる3タテではないのか。
勝利投手に輝いた清水直行。エースらしいスクランブル登板でした。

<HERO>
大塚明
清水直行


<管理人的ヒーロー>
全員でよかですよ


<選評>
総力戦という言葉に尽きる。

ツヨの先制弾が懐かしいような気持ち。
ただ、去年の俊ちゃんとは違い、今12連戦真っ只中。
直さんは木曜の先発予定のピッチャーである。

たぶん。
火曜:俊ちゃん
水曜:久保チュウ
木曜:直さん⇒大嶺君?晋吾さん?
金曜:大嶺君?晋吾さん?⇒直さん
土曜:ニャー

となるだろうが、中3日である。
(つか去年の俊ちゃんも中3日で先発していた。)
それに3戦で中継ぎ陣総動員している。

ただピッチャー総動員を救ったGo!Go!大塚明p(^^)q
見事センターへ振りぬいた。スバラシイネ。

ただ総力戦を戦ったチームのみんなにこう送りたい。
勝てばいいんです


<ロッテニュース>
連日多くの投手を使っていたベンチはこの日、先発陣に中継ぎ待機を求めていた。「先発とかリリーフとか言ってられない。できることをやらないと」。こう志願したのが選手会長も務める右腕だった。

 どよめきと歓声の中、九回を抑えると、直後にサヨナラ勝ち。攻撃にリズムを呼び込む投球に「プロ1、2年目でリリーフを経験している。国際大会で中をやったことも財産になっている」と胸を張った。

[PR]
by isunnyopu | 2008-09-15 16:55 | マリーンズVS○○