このブログは千葉ロッテマリーンズ鈴木大地選手を応援していたブログ。以前の名は西岡主義


by isunnyopu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

角、支配下登録へ!!!月間MVPも!

<2軍首位打者ロッテ角Jr.支配下登録へ>
ロッテの育成選手、角100+ 件晃多内野手(20)が支配下選手登録されることが濃厚となった。17日にQVCで行われる親子ゲームで西村徳文監督(51)が直接見て、最終的な判断を下す予定。竹原をオリックスに金銭トレードしたことで生まれた支配下枠を有効に使う。石川晃球団運営本部長は「育成から支配下に上げる選手は、何人か候補がいる」としながらも、角について「井口の後釜として将来を期待している。一緒に練習して井口から学んでほしい」と高く評価した。

 角100+ 件は今季が育成として3年目。区切りのシーズンの中、ここまでイースタン・リーグで29試合に出場し、打率3割5分2厘の首位打者と、必死のアピールを続けていた。もともと打撃が買われての入団だったが、今季は二塁手として試合に出続けることで、守備面でも経験を積めている。

 父は巨人でストッパーとして活躍した角盈男氏。入団会見も親子そろって行い、2軍戦の球場にも応援に駆けつける姿がよく見られる。恵比寿でバーを経営しており、店の名前「m-129」はマリーンズのmと角の背番号から付けられた。角の活躍が、店の注目度をアップさせる。育成から支配下となれば背番号も変わる。盈男氏は「初心という意味もあるので、この店の名前は変えない」と言い、新しい背番号は2号店の店名になりそう。角のさらなる活躍が期待される。



<2軍MVPに角、初の育成選手受賞>
イースタン、ウエスタン両リーグは11日、3・4月の月間MVPを発表し、イースタンはロッテの育成選手、角晃多内野手(20)が受賞した。支配下登録前の育成選手が受賞したのは両リーグ通じて初めて。3、4月は主に2番打者として8試合で複数安打をマークし、打率、安打ともにリーグ2位だった。ウエスタンは中日の松井佑介外野手(23)が受賞した。25試合に出場し9試合で複数安打を記録するなど主軸打者として活躍した。受賞選手には商品券5万円と記念品が贈られる。



噂されていた(?)角の支配下登録が現実味を帯びてきました。
月間MVPという初の記録も打ち立て、角が支配下登録されそうです。

清田、岡田、イシミネの若手がスタメンを張ることも多くなっていて余剰気味の外野に比べ、
内野は今江、荻野の2人はともかくセカンドの井口の後継者は気になるところ。
細谷、翔太、根元、ひさおぉー当たりとなっており、実績はないが将来性に期待できる
選手がいるので、角もその中に入り込めればと思います。


それにしても2試合連続の雨天中止で、ニャーの交流戦初戦は変わるのかな??!

[PR]
by isunnyopu | 2011-05-11 15:54 | マリーンズVS○○