このブログは千葉ロッテマリーンズ鈴木大地選手を応援していたブログ。以前の名は西岡主義


by isunnyopu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ボビーが守ってやらないで、どうするの?


昨日はたくさんのコメント、TBありがとうございました。
すごく勇気をもらいましたし、これからも応援していこうという気持ちに
よりいっそうさせていただきました。


1日立って、特に動きがないものの
球団には、出入禁止などの苦情がかなりの件数送られたみたいです。

そんな中、この人が一言言えば、事態は収まるのでは?なボビーですが、ボビー語録には
何もコメントせず、今日になってこんなニュースが出ました。


泥沼ロッテ 西岡VS過激ファン スタンドに中傷横断幕
若きチームリーダーの悲痛な思いは届かなかった。26日にフロントを過激な言葉で中傷する横断幕を出した一部ファンに「球場に来る野球少年の夢を壊さないで」と訴えた西岡が27日、ファンから攻撃の矛先を向けられた。西岡の打席のたびに「よっ! 偽善者」「二日酔いで試合をサボり、夢を語るスピードスター」などと書かれた複数の横断幕を掲げられ、ブーイングを浴びせられた。

 それでも「そういう覚悟のもとで言った。批判した人たちへの怒りはない」と西岡。3回には、三邪飛でのタッチアップ得点という仰天プレーを成功させ、右翼上段席を除く満場の『ツヨシコール』に応えてみせた。

 しかし、西岡の思いと裏腹に事態は悪化する。9回終了後、右翼席でファン同士の小競り合いが発生。過激ファンに対し一般ファンが「帰れコール」を浴びせ、警備員が駆けつけるなど、一触即発の様相となった。

 一方でバレンタイン監督は試合後20分以上も会見を行い「お金を払っているファンには批判する権利がある」と過激ファンの行動を擁護。指揮官の退任発覚に始まるお家騒動は、選手や一般ファンをも巻き込んだ前代未聞の泥沼抗争に発展した。「今はちょっとした擦れ違い。みんな原点はロッテが好きという気持ちのはず。いつかもう1回一丸となる日が来ると信じたい」という西岡の願いが、切なく響いた。 


別に西岡選手はバトル気がないので、VSではないのですが、ボビーのコメントに注目です。
真意はわかりません。
これがほんとだったら・・・そっこう帰国していただきたい。
何が監督だ?選手も守れないで、自分を応援する人だから擁護。ありえない。

ほんとではないと信じたい。
ツヨシコールを後押ししていたボビーだからこそ、揺れているのかもしれない。
ただ、ここは守ってほしい。
じゃないと・・・MVPと応援団とボビーはつながっていたと思われてしまう。



Youtubeに挙げられている動画で
9回裏終了後の場面で、彼らに「帰れ!」などのコールを浴びせた場面。

彼らは煽っていました。

これを見た瞬間に、救えない。そう感じました。
ヤクをやってるんじゃないか。そう思えるほど異様な感じ。
もう駄目だと感じました。

ツヨは自身のブログで争いは避けたいと言っていました。
誰もがその気持ちを持っているでしょう。

しかし、もう何を言っても無駄だと感じました。
逆に彼らが過激になっていくのではないかと感じます。

球団が早く手を打たなければ、西武ドームで何らかの事件が起きてもおかしくないでしょう。
もうロッテだけの問題じゃない。他球団にも迷惑がかかる。

それは西岡剛のせいでは全然ない。
彼らを止めなければ、暴走以外の何物でもない。


奴らがボイコットしようが
自分は彼らの目の前で
背番号7のユニフォームや
グッズをまとい
大声で西岡剛を応援する





明日、自分は西武ドームに行けません。
言われなくても大丈夫だと思いますが
行く方、西岡剛への応援よろしくお願いします!!!


*今江選手のブログでこのような言葉を見つけました。
「ボビーが望んでいるのは、ファンと選手が一丸となった姿のはず。
それこそがチーム26です。

世界一のマリーンズサポーターを信じています。」

言葉足らずですが、昨日のことを言ってるんだと思います。

[PR]
by isunnyopu | 2009-09-28 21:50